« 夢の通り道 第25回 | Principale | 京葉線 大停止 »

martedì 26 settembre 2006

被写体の輪郭線がクッキリ

フレイムカノンは熱かったのコメントで書いたHDR-SR1の撮影で気になった被写体の輪郭線がクッキリの実例写真です。

被写体の輪郭線がクッキリ

パレードのほうに明るさを調整しているので、空が白トビしているのが判ると思います。

まぁそれは良いんですが、右側から伸ばしているゲストの手とか、ミョーに輪郭線がクッキリしているように見えません? 背後のチーデーのフロートとかも。

少なくとも、今まで-シャープのZ-7,Z-900,SONYのHDR HC-1では、こんな感じで撮れたのは無かったわけで…

手まではピントが合ってるけど、その後ろはボケ気味になっているのもあるのかなぁ?

« 夢の通り道 第25回 | Principale | 京葉線 大停止 »

TDL2006」カテゴリの記事

考察」カテゴリの記事

Commenti

白飛びしている空との境界なので目立つのを差し引いても、たしかに輪郭クッキリしてますね。エンコーダの特性もありそう。
パナもAVCHDカムを出すようですが、もう少しハイエンドを狙ってきそう(?)なので、違いを見るのはおもしろそうですね。

画像縮小はココログ任せですが基本的にはレタッチかけてない画像です。
でも何か合成っぽいですよね(^^;
レイヤーを何枚か重ねたみたいな感じに仕上がってます。

夜ショーのほうは、そんな感じは無かったので、背景が明るいとか白っぽい時の特色なのかもしれません。

パナのAVCHDカムは、SDメモリへの記録ですね。最大55分とかありましたが、4GBのカード……ちょっとツライかも。

HDVSplitをノートパソコンに入れて、HC-1で撮影しながらキャプチャというのも手かもしれません(^^;

Scrivi un commento

(Non visualizzato con i commenti.)

TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23087/12051914

Di seguito i weblog con link a 被写体の輪郭線がクッキリ:

« 夢の通り道 第25回 | Principale | 京葉線 大停止 »

La mia foto
febbraio 2015
dom lun mar mer gio ven sab
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Links

無料ブログはココログ