« 当選席からの眺め | Principale | 軽くレタッチ »

sabato 23 settembre 2006

フレイムカノンは熱かった

クーキースプーキーハロウィーンナイトを観てきました。今回の写真は、新購入のハイビジョンハンディカム SONY HDR-SR1で撮影した動画から、付属ソフトで静止画に落としたモノを無加工でアップしてます。画像をクリックすると元のサイズが見れます。動画だと、もうちょっと(かなり?)綺麗に見えます。

見えづらい…

前説とか地面に立った状態でやってますので、非常に見えづらい。

城へのライトアップ

城へのライトアップは多種多様。工事中の覆いになっているキャンパス布が、良い感じにスクリーンになってます。

ライトアップ

通路で踊るヴィランズ

ベンチ席の間の通路には、かなり頻繁にダンサーやヴィランズがやって来ては踊ります。多少後方でも通路側のほうが楽しい。

チップとデールとドナルド ミッキーとミニー

« 当選席からの眺め | Principale | 軽くレタッチ »

TDL2006」カテゴリの記事

Commenti

HDR-SR1に乗り換えされたんですね。
HDVと比べて、テレビに出力したときに見た目での差はあるんでしょうか?
15ルクスと11ルクスの差なんかは、体感的に感じられるものですか?


>HDVと比べて、テレビに出力したときに見た目での差はあるんでしょうか?
確証は取れていませんが、コーデックの癖はあるようです。今日、撮影した感じですと、空を背景にし、被写体側に明るさを合わせたような場合ですと、被写体の輪郭線がクッキリ出ます。それこそ、ちょっと昔の合成画像みたいな感じ。
ストロボ焚いて撮影したような場合にも、手前の被写体は、やはりそんな感じでしたから、光学系の癖なのかもしれません。
42型プラズマに映して見た感じだと、それぐらいですね。ビデオ専門誌によれば、水面の波紋とかには、AVCHDは弱いようですけど。

最低照度は、やはり有効ですね。レンジ幅も改善されているのかもしれません。最後のミッキーとミニーが写っているのは(ピンぼけですが)、お城、スポット浴びてるミッキーなど、HC1に比べると良好に撮れていると思います。
赤外線撮影のナイトビジョンも改良されたみたいで、赤は、ほんのり赤味がかってます。肌色とかも赤味が差してますね。

また、内蔵マイク関連も性能が上がっているように感じます。今日くらいの強風だとHC1では外付けマイクにウィンドジャマー付けないと、ゴーゴーと風きり音がひどかったですがSR1だと、ほとんど風音は拾っていませんでした。昼間は、スティッチフロートのほぼ真横でしたが、音割れも無し。

何より、テープ残量を気にせずに撮れるのが楽です。

最大の問題は、AVCHD形式だと、まともに再生できるのが、事実上SR1とUX1くらいというのが…(^^;
付属ソフトでパソコンでも再生できますが、モニタがハイビジョンサイズじゃないし(^^;
今のところ、42型プラズマにHDMIで接続してます。

あとは編集環境ですねぇ。付属ソフトでは、指定間を別ファイルへ保存することしかできません。しかも、けっこう遅い。
Mpeg2変換機能もありますが、これやるとSD画質だし。

詳しいコメントありがとうございます。
最低照度が体感できるレベルというのはいいですね。
確かに改めて上の画像をみると、HC1より明るそうに思いました。
そんなに明るいのがよけりゃ、FX1、FX7でも買えってかんじですが。。。

やはり、当面の問題は再生・編集環境ですね。
とりあえずは、11月にPS3購入で再生環境を整えのが安上がりってとこでしょうか。

Scrivi un commento

(Non visualizzato con i commenti.)

TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23087/12009869

Di seguito i weblog con link a フレイムカノンは熱かった:

« 当選席からの眺め | Principale | 軽くレタッチ »

La mia foto
febbraio 2015
dom lun mar mer gio ven sab
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Links

無料ブログはココログ