« オリエンタルホテル地下1階HUB | Principale | 7月8日のクラブ ・モンスターズ・インク 笑いってクール! »

venerdì 10 luglio 2009

AVCHD Liteから静止画切り出し

AVCHD Lite動画から静止画切り出しで、けっこう巧く行く方法(裏技?)を見つけました。

今日、FT1で撮ったクラブ・モンスターズ・インクのトゥーンタウンでのパレード部分です。

リサイズのみほどこしてます。(サムネイルなんで、クリックすると大きめ画像に)

クラブ・モンスターズ・インク

クラブ・モンスターズ・インク

クラブ・モンスターズ・インク

静止画の切り出しに使用したソフトは、SONYのビデオカメラに付属のPicture Motion Browser(PMB)です。

PMBの静止画切り出しはスクリーンショットではなく、欲しいカットの前後のフレームから情報量を補完して静止画を作成します。そのため、スクリーンショットよりもずっと綺麗な静止画を作成することが可能になってます。

しかしながら、PMBではAVCHD Liteの再生には対応していません。もちろん静止画切り出しも。

…んでは、どうしたか?

PMBは、AVCHDの再生だけではなく、Mpeg2の再生機能もあります。(WMVの再生機能は無い)

SONYのAVCHDハンディカムがAVCHD形式以外にも、SD画質のMpeg2での撮影が行えるためです。

そして、手持ちのソフトでは、TMPGEnc Xpress 4.0が、AVCHDおよびAVCHD Liteを読み込んで、他の形式への変換を行えます。(リサイズやカット、色調補正など簡単な編集も行える。)

そこで、TMPGEnc Xpress 4.0を使って、AVCHD Liteをリサイズせずに1280x720のMpeg2形式(ブルーレイで再生できる形式)に変換。

変換したMpeg2をPMBに登録。

登録したMpeg2動画から静止画を作成。ファイルサイズは倍以上に膨れ上がります。

…というステップを踏んでます。PMBの静止画切り出しですと、コマ送り、コマ戻しも出来るので、けっこう楽。1280x720だとフルハイビジョンのAVCHDよりも動作が軽いし。

« オリエンタルホテル地下1階HUB | Principale | 7月8日のクラブ ・モンスターズ・インク 笑いってクール! »

TDL2009」カテゴリの記事

考察」カテゴリの記事

Commenti

AVCHDliteから直接切り出すより、SD画質でもMPEG2からPMBで切り出した方がキレイだったりするんでしょうか、興味津々ですw。

SD画質じゃなく、1280x720のHD画質Mpegというのがポイントです。
TMPGEnc Xpress 4.0の出力設定で、「ブルーレイ用Mpeg」の1つで出力させてます。

そのため、PMB上でもしっかり「HD」マークが出て認識されます。Mpegなので普通に再生、編集も可能。SD画質へコンバートしてのDVDムービー作成は、PMBではNGでしたが。

Scrivi un commento

(Non visualizzato con i commenti.)

TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23087/45593556

Di seguito i weblog con link a AVCHD Liteから静止画切り出し:

« オリエンタルホテル地下1階HUB | Principale | 7月8日のクラブ ・モンスターズ・インク 笑いってクール! »

La mia foto
febbraio 2015
dom lun mar mer gio ven sab
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Links

無料ブログはココログ